便秘になったら|中性脂肪を下げる手段は一つじゃない|健康維持の知識を身に着けよう
ウーマン

中性脂肪を下げる手段は一つじゃない|健康維持の知識を身に着けよう

便秘になったら

レディ

刺激性と非刺激性

みなさんは便秘になったときにどのようにしていますか。牛乳をのんだり、野菜をたべたり、ヨーグルトを食べたりなど様々な解消法をやっているかと思いますが、それでもどうしても解消できないというときに便秘薬を使うという方も多いのではないでしょうか。便秘薬は急に効き目が現れて大変だったり、効き目が強くて痛い思いをしたりなど、様々な理由で使用しない方も多いと思います。そこで便秘薬の有効的な使い方についてご紹介します。便秘薬にはまず、種類があります。刺激性と非刺激性です。名前のとおり、刺激性は腸に直接刺激して便を促すもので、非刺激性は腸を刺激するのではなく、便に水分を含ませ出しやすくすることで便意を促すものです。

メリットとデメリット

便秘薬を使用するとき、直ぐにでも出したいというときは刺激性の便秘薬がおすすめです。こちらは効き目が早く、その日のうちに効果が現れます。腹痛を伴うことがあるので注意が必要です。また、効き目が強いと下痢が続くことがあるので薬の量は控えにすることをおすすめします。刺激性は使い続けると慣れてくるので効き目が薄れてくることがあります。常用せず、どうしてもという時だけにだけ使用すると良いでしょう。あまり辛い思いをしたり、急に腹痛が来るのは嫌だという方には非刺激性の便秘薬がおすすめです。効き目が緩やかなので即効性はありませんが、便を出しやすくしてくれます。また慣れがないので気軽に使用できます。用途に分けて便秘薬を使用してみてください。